日記一覧

バースプラン(再)

IMG_0574

突然ですが「バースプラン」というものがございまして。

T'sではT's院長の想いを込めた母児の絆を証明するモノとして運用しております。

最近患者様やスタッフに熱弁する機会がございましたのでもう一度登場です。

以下、
2013年に書いた記事を再掲します。

(T’s日記 JUGEM版より引用)

 

まもなく 3.11 東日本大震災から2年が経とうとしています。

T'sスタッフの胸にある思いは個々人で様々、そして複雑ですが

あらためていのちの尊さを考えさせられます。

あの日以降、

生命の誕生に立ち会えるこの仕事に携わっていて本当に良かった、

その思いはT'sスタッフ共通の思いです。




今日はT'sのバースプランを紹介します。



「バースプラン」という言葉を聞いたことがありますか?

「出産」 -Birth- の「計画書」 -Plan-

という意味でつかわれています。

私たちT'sスタッフは、

妊婦さんやそのご家族の方々が どのような出産を望んでいらっしゃるのか

要望などを聞かせてもらいながら

できるだけママやご家族の思いに沿った かかわり方をしたいと考えております。


では、

「あなたのバースプランは?」

と聞かれて具体的にイメージできますか?

「ウーン...」と考えてしまう方が多いかもしれませんね。


まずは漠然とでも構いません。

どんなお産にしたいのか。

赤ちゃんにどんなことをしてあげたいのか。

周りの方々にどんな風にかかわってほしいのか。

出産後はどんな過ごし方をしたいのか。

などなど... 考えてみましょう。

そして整理していきながら、オリジナルのバースプランをつくってみましょう。


バースプランをつくるメリットって?

 まず何よりも イメージです。

  バースプランを考えるときに 出産をイメージすることができます。

 「お産って、なんとなくコワイ。」

  赤ちゃんに会えます!

  楽しいこともたくさん考えましょう。

  バースプランを考えることで 出産というイベントを積極的に受け入れることができます。


 ひとりで考えてばかりじゃいけません!

  バースプランをパパと二人で考えると 出産をお二人のイベントとして受け止めることができます。


 相談、相談。

  私たちT'sスタッフがママやご家族の考え方を知ることで、より一層の理解が生まれます。

  スタッフと一緒に協議することで、より強い信頼関係が生まれます。


バースプランは自分自身のオリジナル計画ですから修正、加筆など、まずは やりたい放題どうぞ。

そしてT'sでは、ある程度固まったら清書することを奨めています。

もちろんそのあとでも変更はいつでもOK。

 

さらに、出産を終えたら どんな思いで赤ちゃんを迎えることができたか、

できるだけ早くレビュー(=振り返り)を書いてみましょう。

フレッシュな気持ち、これが大事。



そして完成したバースプランを 大切に保管してください。

T'sのバースプラン記入用紙には

院長の特別な思いが込められています。

書いた紙をラミネートすれば長持ち!という手もありますが

賛成できません。

 「手触りも肉筆もすべて大切な記憶 - だから触ってツルツルではだめなんだ」

という理由です。


多少の水濡れにも強い材質で作りました。

津波には耐えられないかもしれませんが、 涙ぐらいなら大丈夫。

八つ当たりにも耐えられる?

簡単には破ったり、丸めて捨てることができません。

いつか、ママやパパが育児に悩んだとき-

もう一度 そっと開いてみてください。

ほら、そこには

ママとパパが どれほど待ち望んだ 大切な赤ちゃんであるかが

しっかりと記されていますよ。



お子様が成長していく過程で、道に迷ってしまったり

万が一

 「産んでくれなんて頼んでない!!」

なんて口にするようなことがあったら、

このバースプランを一緒に開いて、お子様にも読ませてください。

そのときに

 「あなたを待ち望んだママとパパふたりの気持ちを書いたんだよ」

そう ひと言添えてください。



幸せいっぱいでまっすぐ育ってくれれば文句なし。

子育てが完了したら

お子様が成人するときや、ご結婚されるときにプレゼントするのもよいでしょう。



T'sでつくったバースプランが

もう一度 皆さまのココロを温めてくれる力になることを信じています。

そして、それは魔法の力ではありません。

間違いなく、 ママとパパの 愛の力なんです。




子どもたちは私たちのかけがえのない大切な「未来」。

未来に伝えたい大切な思い、バースプランに綴ってみませんか?



完成したバースプランは、ぜひ大切に保管してください。

2019年09月18日

開院12周年記念イベント

tslc12plt

2019年9月1日(日)

この日は、まず勤続10年のスタッフの表彰も行いました。
そしていよいよT'sレディースクリニック開院12周年記念イベント
木暮”シャケ”武彦さんのミニライブのスタートです。
クリニックでも流れているインストゥルメンタルの「青葉の歌」に始まり、
楽しいトークを交えながら、往年の「ルシアンヒルの上で」や「カジノドライブ」まで
演奏していただき大変盛りあがりました!
ご来場くださった方々は素晴らしい演奏にとても感激しておりました。
シャケさん、またステキな演奏を聴かせてくださいね。

2019年09月09日

マグカップ プレゼントについて

IMG_2264

これまで入院時のプレゼント品としてご好評をいただいておりましたオリジナルマグですが

現在の在庫を持ちまして終了させていただくことになりました。

初代のバージョンからガラスマグやスープマグなど歴代マグカップを製作したことを思い出すと

なかなか感慨深いものがあります...。

最近は内側をオレンジ色の着色しロゴを撥水焼き付けしたタイプで安定しておりました。

製作業者からは材料や人件費の高騰のためどんどん値上げされてしまうこともあり、このたびの消費税増税にともない製作を終了することに致しました。

T'sオリジナルマグをお持ちの方には、大切に使っていただきたいと願っております。

2019年08月25日

開院12周年

おかげさまをもちまして
9月1日でT'sレディースクリニックは開院12周年を迎えます。
T'sを選んでくださるみなさまの信頼にお応えできるよう
T'sスタッフ一同益々の努力をおこなってまいります。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年08月25日

木暮”シャケ”武彦 ミニライブ


お知らせ

T'sで流れているギターの音色は、木暮”shake"武彦さんの演奏による曲です。
シャケさんと言えば、ロックギタリストのイメージが強いですが
富士山麓に移住されてからはアコースティックギターによる作品を多く発表されています。
シャケさんの奏でるアコースティックギターの音色は響きをとても大切にしていて
自然界の音や光景、時には温度さえ感じさせます。

さて
T's開院10周年のときにお越しいただき生演奏を聴かせていただきました。
あのとき、コメントで「二度とないであろう機会」とお話いたしましたが、
このたびT’s開院12周年記念イベントとしてシャケさんのミニライブを開催することになした!!
ぜひみなさま万障お繰り合わせの上、ご参加ください。
前回参加できなかった方もぜひご参加くださいl。

木暮 “shake”武彦 氏 ミニライブ

日時:令和元年9月1日(日)
場所: T’sレディースクリニック 1F ラウンジ
開場13時30分/開演14時 入場無料 イス席およびスタンディング

●入場・観覧は無料ですが、T’sの診察券と入場整理券が必要となります。
●参加申し込み:クリニック受付まで。 
●先着順です(予定数に達した時点で受付終了)
●同伴者は患者様1名に対して2名まで可(喫煙者不可)
●お子様の同伴は大人1名に対して1名可。誠に申し訳ございませんが、演奏中などにじっとしていられないお子様の同伴はご遠慮ください。演奏に支障がある場合には退席をお願いする場合がございますことをご了承ください。  
●演奏中の録音および撮影は一切不可です。
●当日の駐車場は大変混雑しますので地下鉄など公共交通機関をご利用ください。

2019年06月26日

妊娠中の旅行について

AdobeStock_152358712

今日は風が強い仙台でございます。
まだまだ寒いですが、少しずつ暖かい時間帯が長くなってまいりました。

さて
これからのシーズン、旅行について質問されることが増えるので少々書いておきましょう。

いわゆる「つわり」「悪阻」と呼ばれる症状が落ち着く妊娠16週ごろ以降はだいぶ過ごしやすくなりますね。これが「安定期」でございます。
流産しにくい時期、多少無理して動いても大丈夫な時期、と勘違いされてしまうことがしばしばあるようですが、ちょっと違います。妊娠初期の悪阻症状は個人差がありますが、気持ち悪くて食欲がない、起きてるだけでもしんどい、仕事いくのも億劫、外出なんてもってのほかという感じの方も少なくないと思います。妊娠16週ごろになると、胎盤がある程度できあがるために、嘔気などの不快な症状が軽くなることが多いです。これを「安定期」と呼びます。

気分転換に外出、さらにはちょっとした旅行に出かけるのもよいでしょう。
いつ頃までが旅行に適した時期なのか、という質問を受けることがあります。
一般的には妊娠30週頃までがよいと思います。


気を付けていただきたいことをいくつか書いておきますので参考にしていただければ幸いです。

以下、切迫流産や切迫早産などをはじめ医師から許可されない場合はもちろん除きます。

・ゆとりをもった旅行計画を立てましょう。
・GWやお盆、年末年始などの混雑ピーク時を避けて計画することもお勧めです。
・旅行直前に出血などトラブルが起きて急遽キャンセルとなることも想定して計画しましょう。
・旅行中に体調がすぐれない場合は速やかに産婦人科を受診したり医師に相談しましょう。
特に海外では、すぐ受診できる環境はなかなかありません。国によっては莫大な医療費が請求される場合もあります。事前に旅行中の医療サービスについては十分確認をしておきましょう。
・移動後はすぐに次の行動に移らず、水分補給や休憩をとりましょう。
・夫やパートナーの実家へ里帰りするときは、お互いに気を遣う場面が多くなりがちです。
横になって休むことなどとても難しいと思いますが、夫やパートナーに工夫してもらい
休めるように配慮してもらいましょう。
・長時間の歩行、長い階段や坂道の移動はできるだけ避けましょう。
・移動距離が長い場合はもちろん、途中で十分な休憩を取りましょう。
・自家用車や電車などでは、同じ姿勢で長時間過ごすと下肢静脈血栓症を生じるリスクが高くなるので
ときどき立ち上がることを忘れずに。足をくねくね動かすなども有効です。
・腰痛の予防のためいつも正しい姿勢を意識して過ごしましょう。
・飛行機の搭乗は妊娠36週頃までは可。ただし航空会社により診断書提出を求められることがある
・飛行機の座席の配慮をしてもらうために搭乗手続きは早めに済ませましょう。
・トイレはぜったいに我慢してはいけません。
・トイレに通わないように水分を摂らないのはもってのほかです。

T'sでは妊婦さんそれぞれに対応したお答えをしております。

2019年03月27日

骨盤位(逆子)の外回転

仙台はまだまだ雪が降ったりやんだりです。

 

今日は、妊娠37週に入った骨盤位の方に入院していただきました。
外回転術を実施するためです。

骨盤位の外回転は、条件が整っていれば外来でも実施することが可能です。
しかし、胎盤早期剥離など合併症の有無や、
術後の赤ちゃんのコンディションを観察するためには入院していただくことが望ましいです。

なんでもかんでも回せばいいというわけではありません。
条件がひとつでもクリアできなければ実施すべきではないとT'sでは考えています。
・子宮筋腫や腺筋症の有無(これは妊娠初期や非妊時でないとわからないこともあります)
・羊水量
・胎盤の位置
・臍帯巻絡の有無
・胎児発育の状況に問題がないかどうか
・胎児の姿勢に問題がないかどうか
これらの条件がクリアできているかどうかは最低限必要だと考えています。
そのうえで、たとえ成功しても外回転実施中や実施後に胎児機能不全や胎盤早期剥離を起こして
緊急帝王切開となる場合(リスク)があることを妊婦さんやご家族に理解していただく必要があります。

最近では県外からも「外回転をしてもらえないか?」との問い合わせをうけることがございます。
その際には上記の条件を観察させていただいたうえで判断します、とお答えしております。

今日も、帝王切開が行える準備をしたうえで外回転術を実施して無事成功しました。
あとは元気に生まれてくれることを祈るばかりです。

 

2018年02月19日

母乳はいつまで?

 T'sでお産をされたママから問い合わせのメールが届きました。
「ごはんを食べているので、徐々に母乳を減らしていきましょうね」
といったような内容を保健指導員から話されたがどうしたらよいか、という内容でした。


通常、赤ちゃんが生後5、6か月になったころを目安に補完食を与え始めます。
「離乳食」と呼ばずに「補完食」と呼びます。
この言葉すでに「答え」になっているかもしれません。
母乳だけでは足りない栄養素や食感を食餌で補う、という意味合いが含まれると思います。

補完食をしっかり食べていれば、母乳は減らす必要などまったくありません。
WHOでも母乳栄養は最低でもこどもが2歳になるまで続けるべき、と勧告しています。
お子様が欲しがるときに欲しがるだけ、
ぜひ母乳育児を継続していただきたいと思います。

中には、なかなか食餌に興味をもたずおっぱいを欲しがるお子様もいらっしゃいます。
そんなときは、お子様の食餌だけ別に作るのではなく、
パパとママが食べるモノと同じものを与えるようにしてみましょう。
献立はお子様が食べてよいものを考える必要があります。
パパやママが美味しそうに食べているのを見ると、
それに興味をもってを欲しがるようになります。

ぜひ母乳育児を永く楽しんでください。

2018年02月05日

大雪

IMG_3670

昨夜は全国的に雪だったようですが
仙台も久々の大雪でした。
今朝は5時半からの雪かきで、なんとか診療開始に間に合いました(^o^)


...でもまた降りそうな予感が...。
皆様、転倒などには十分気を付けてください。

 

2018年01月23日

お昼はサンドウィッチ

IMG_1673

突然ですが
コンビニ弁当を買う女子ってあまりみたことがありません。
純粋に「多い」からなのか「惹かれるお弁当がない」からなのか、
あるいは「ちょっとはずかしい(*ノωノ)...」という気持ちがはたらくのかわかりませんが
おにぎりやサンドウィッチなんかが好まれる印象があります。
どうしても時間がないときは仕方ないですね。
でも栄養面ではちょっと心配です。

もうひとつ
妊婦さんに宿題として書いていただくことがある「食事調査票」。
一生懸命仕事や家事、子育ての合間でもしっかり献立を考えているママがいる一方で
なかなか手ごわい方も多くいらっしゃいます。
たとえば昼食の内容が「うどん」と「おにぎり」さらにアイス。
運動部の高校生のような内容にはときどき驚かされます。

T'sの食事は目にも身体にも優しいメニューやレシピでご提供しております。
ぜひ参考になさってください。
今日のお昼はサンドウィッチでした。
鶏肉やごぼうが挟まっていてボリュームも噛み応えもあります。
副菜に野菜サラダとこれまた野菜たっぷりのスープ。
植物性タンパク質、せんい質、ビタミンの摂り方
盛り付けもちょっと一工夫で食卓が楽しくなります。
サプリで補うからいいや、的な考え方もあるでしょうけれど、
せっかく美味しくて比較的安全な食材が揃うニッポンに住んでいるわけですから
料理や食事をご家庭でもっと楽しんではいかがでしょうか。
スマホであれこれやっている間に、野菜を洗って切る程度のことは簡単にできそうです。
一度始めてみると結構楽しくなると思います。

2018年01月16日

大崎八幡宮

DSC01387


ということで、参拝して参りました。
夜の焚き上げの時間に行けないこともありますので
早朝参拝して神様やお札を納めて参りました。

 

2018年01月14日

1月14日

今日はT'sにとって大切な日です。


仙台では恒例の神事である「どんと祭」と呼ばれる松焚祭が各神社などで行われます。
今年も大崎八幡宮へ2017年の神様やお札などを納めに参ります。
そして祈ることはただひとつ

  すべての赤ちゃんが無事に、健康に生まれますように。

ママの安全や健康は元旦にお祈りしてきました。

生まれてくる生命は私たちの大切な未来。
未来を守るために、我々T'sがお手伝いできることは力を惜しみません。

2018年01月14日

4D

IMG_1667

平面画像...2Dでの赤ちゃんは小さいときにはわかりやすいのですが
大きくなると分かりづらいですね。
T'sの超音波検査では、赤ちゃんの向きにもよりますが比較的鮮明にみることができます。
赤ちゃんが動くのがママにはまだ伝わらない週数だったり

まったくイメージがわかない、なんていうママやご家族には
ぜひ4D(リアルタイム3Dが正しいでしょうか。いまのところ現実世界に4次元は存在しません)画像を見ていただきたいと思っております。
赤ちゃんはずーっと見ていたくなるくらい、かわいい仕草や表情を見せてくれます。
いつまでたっても、ママのおなかに赤ちゃんがいることが奇跡と思えてなりません。
異常がないかどうかを診るのが仕事ですので、あまり見とれているわけにはいきませんが
みなさんの赤ちゃんを拝見しているととても幸せな気持ちになります。
そして、
「お願いだからみんな元気に無事に生まれてきてね。」
そう願わずにはいられません。

週末は北日本で雪が降る予想だそうです。
寒くなりますので皆様体調管理に気を付けてお過ごしください。

2018年01月13日

風邪とウイルス

 仙台はまだまだ寒くなりそうです。
さて、インフルエンザをはじめ感冒症状がでることも多い季節です。
マスク着用や手洗い、うがいをしっかり行いましょう。
最近気になるのは、「抗菌薬」についてです。
俗に「抗生物質」と言われているアレです。
簡単に申し上げますと、
「むやみやたらに抗菌薬を服用しないこと!」
これが今日の結論です。

感冒(=かぜ)はくしゃみ鼻水、咳、発熱を主な症状とするウイルス感染症です。
「早く治るようにコウセイザイだしておきますね~」
もしかしたら以前はこんなオイシャサンがいたかもしれません。
しかし、繰り返しますが感冒はウイルス感染症です(※多くの場合)
抗菌薬を抗生物質と呼ばないのは「抗ウイルス薬」と混同しないでほしいからです。
抗菌薬はウイルスにはまったく効きません!!
なんでもかんでも抗菌薬を好む方が多い印象ですが、
服用すればするほどに、あなたの大切な身体に抗菌薬が効かない「薬剤耐性菌」を育ててしまうきっかけになるんです。
そしてご家族や周りにその薬剤耐性菌がどんどんはびこることになりかねません!
もし服用して感冒が早く治ったのならば、
それはあなたの免疫力がスバラシイということです。
どうか自信を持ってください。
感冒に罹患した際には、何よりも休息・安静と適切な栄養、さらに必要な水分摂取が大切です。

T'sレディースクリニックでは、細菌感染やマイコプラズマ感染が疑われる場合などを除いては感冒症状に対して抗菌薬処方をいたしません!(笑)

 

 

2018年01月08日

転倒

昨夜1月2日は少し大きい満月がみえる...はずでしたが生憎の曇り空。

そして雪が降っておりますね。

 

特に妊婦さんは滑って転倒しないようにくれぐれも気を付けてください。

特に22週以降、激しく転倒したり階段から滑って落ちたり交通事故に遭った際にはご一報ください。

羊水というそれはそれは素晴らしいクッションに包まれている赤ちゃんが直接ダメージを受けることはほとんどありません。

ところが転倒の衝撃で急激な子宮の収縮や血流の一時的な障害が起こると

胎盤がはがれてしまうことがあります。

しかも厄介なことに、転倒した直後ではなくしばらく時間を置いてから胎盤早期剥離を起こすことがあります。

ですからその時は胎動もあって「心配ないかな」と思っても

翌日、翌々日までは慎重に観察する必要があります。

 

何より転ばないことが大切です!

2018年01月03日

旧T's日記

これまでリンクしていたT's日記(JUGEM)はそのまましばらく残しますので懐かしんでください(笑)

http://tslc.jugem.jp/

2018年01月02日